すでにまつ毛美容液を使用されている方もそうでない方もまつ毛美容液には正しい使い方があるのはご存知ですか?

 

「コームの形を見てなんとなく使ってる!」

 

そういった方もおられるのではないでしょうか?

実はまつ毛美容液の効果を十分に出すためには正しい使い方をしなければならないのです!

 

ここではその正しい塗り方や使用期限、つける場所などについて解説します!

また、ネット上で噂のまつ毛美容液が濁る現象についてお話していきます。

まつ毛美容液の正しい塗り方は?

「まつ毛美容液の使い方はコームを見てなんとなく予想がつくよ!」

 

みなさん、何となくでまつげ美容液を使っていませんか?

実はまつ毛美容液は、その商品やコームの形によって使い方が違うのです!

 

では、どういった違いがあるのでしょうか?

まつ毛美容液の塗り方の違い

まつげ美容液の塗り方の違いは、大まかに分けて以下の3つに分かれます。

  1. コームの違い
  2. 塗る場所の違い
  3. 塗るタイミングの違い

それでは1つずつ解説していきますね!!

塗り方の違いその①コームの違い

まつ毛美容液のコームには細筆タイプ、チップタイプ、マスカラタイプ、指で直接塗るタイプと大まかに4つに分かれます。

このコームによって塗り方が異なってきます。

<細筆タイプの塗り方>

まつ毛美容液 細筆タイプのコーム

アイラインをひくようにまつ毛の生え際に沿って細く引いていきます。

なるべくまつ毛の根元に塗ることが出来るよう、キワに塗るのがポイントです。

<チップタイプ>

まつ毛美容液 チップタイプのコーム

チップタイプはまつ毛の根元、生え際の部分から毛先に液を伸ばすように塗っていきます。

下まつ毛も同様に塗っていきますが、チップタイプの多くはチップの先に角度が付いているものが多いため、その角度がついた部分を使って目頭や目尻など細かい部分に塗布していきます。

<マスカラタイプ>

まつ毛美容液 マスカラタイプのコーム

マスカラタイプは名前の通り、マスカラを塗るときと同じようにまつ毛をとかすようにしてまつ毛の根元から毛先に塗っていきます。

生え際の部分に塗る必要がないものが多いため初心者にも塗布しやすくなっています。

<指で直接塗るタイプ>

まつ毛美容液 指で直接塗るタイプ

指で直接塗るタイプはまつ毛と一緒にまぶたにも塗り、マッサージをしながらまぶたの血行を良くしていきます。

まつ毛美容液のコームについて詳しく知りたい!そんな方はこちら

>>まつ毛美容液のコームの種類は?おすすめのコームを解説!

塗り方の違いその②塗る場所の違い

まつ毛美容液は商品によって塗る場所も変わってきます。

ほとんどがコームによる違いですが配合されている成分や用途によっても以下の3つに分かれます。

  1. まつ毛のみに塗布するもの
  2. まつ毛本体と生え際の皮膚に塗布するもの
  3. まつ毛とまぶたに塗るもの

この中でも商品によってチップタイプでもまつ毛のみに塗布するタイプのものやまつ毛と生え際両方に塗布するものもあり、使用するまつ毛美容液の使用方法をしっかりと確認する必要があります。

塗り方の違いその③塗るタイミングの違い

これも商品によりますが、まつ毛美容液を塗布すタイミングは朝晩の1日2回、朝または夜のみの1日1回のタイプがあります。

また、まつ毛美容液にはマスカラ下地として使用できるものもありますのでそのタイプはマスカラの下地として普段使いが出来るようになっています。

 

商品によってこれだけの違いがあります!

みなさんが使っているまつ毛美容液の使い方はどんなものですか?

既に使用されている方は一度確認されるといいかもしれません。

 

また、これから購入を考えている方はご自分のライフスタイルに合った商品を購入されると継続的なケアがしやすくなると思います。

まつ毛美容液に期限があるの?

まつ毛美容液をすでに持っている方は、そのまつ毛美容液はいつから持っていますか?

 

「そういえばだいぶ前に買った気がする・・・。」

 

そんな方も多いと思います。

まつ毛美容液は体の中でも皮膚の薄い目の周りに塗るものなので時間がたっているものを使うのは不安ですよね。

 

ではまつ毛美容液の使用期限寿命はあるのでしょうか?

 

実は・・・・あるんです!!

 

基礎化粧品や普段使いの化粧品にも使用期限や寿命がありますよね。

それと一緒でまつ毛美容液にも使用期限や寿命はあるのです。

まつ毛美容液の寿命や使用期限は?

まつ毛美容液の使用期限や寿命は未開封で製造から3年となっています。

 

「え?でも私のまつ毛美容液には使用期限は書いてないよ?」

 

そうです、まつ毛美容液には消費期限の記載はありません

なぜなのでしょうか?

 

それは「未開封の状態で3年以上もつ商品は使用期限の記載義務がない」からです。

これは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という薬機法で定められていることなのです。

 

つまり、化粧品メーカーとしては少なくとも3年以上は持つように作られてはいますが、3年以上使用するとまつ毛美容液の劣化、傷みについての保証はないということになります。

 

ということは、3年以内で使用することが良いということになりますね。

 

ちなみに、商品によって企業から推奨されている使用期限が違っています。

いくつか記載しておきますね。

【エリザクイーン】

Q.1本でどれくらいの期間使用できますか

  • 夜寝る前にたっぷりご使用いただいて、約1ヶ月です、開封後はなるべく早めにご使用ください。

エリザクイーン公式サイトから引用

【エマーキット】

Q.1本でどれくらい使えますか?

A.1日1回のご利用で約2か月ご使用になれます。

(開封後は6カ月以内にご使用ください)

エマーキット公式サイトから引用

【リバイブラッシュ】

Q.使用期限は?

A.未開封は2年、開封後は3ヵ月を目安になるべくお早めにお使いください

リバイブラッシュ公式サイトから引用

【スカルプD】

Q.まつ毛美容液の使用期限はどれくらいですか?

A.未開封のものであれば、製造日から目安となります。

尚、開封後はなるべく早く、3か月程度でお使いいただくようお願いいたします。

アンファー公式サイトから引用

開封後のものの使用期限、寿命は??

未開封の状態だと3年ということはご説明しましたが、では開封済みのまつ毛美容液の期限はいつまでもつのでしょうか?

 

答えは3カ月です。

 

「えっ、そんな短いの!?」

そう思った方も多いと思います。

 

一般的な化粧品では開封後6カ月が使用期限と言われていますが、まつ毛美容液やマスカラなど目元に使うものに関しては、トラブルを避けるためより短い期間が設定されています。

オーガニックのものも同じなの?

いえいえ、オーガニックのものに関しては例外になります。

まつ毛美容液にはどの商品にも防腐剤が入っていることで未開封のもので3年もつように作られています。

 

オーガニックのものは防腐剤無添加であったり、天然成分を多く使っている商品が多いため未開封のもので寿命は1年程度になります。

 

この場合の多くは取扱説明書に使用期限やその旨が記載してあると思います。

傷んだまつ毛美容液を使うとどうなるの?

まつ毛美容液が傷んだ状態で使用するとどうなるのでしょう?

 

まつ毛美容液の成分は経年劣化によって成分が壊れていくため効果が半減していきます.

まつ毛美容液には抗酸化成分といって劣化を遅らせる成分が含まれていますが、だからといって永年使用できるわけではありません。

<期限が過ぎるとこんな代償も・・・?>

成分が劣化していくと逆にまつげや肌に悪影響を与えるだけでなく、まつ毛美容液の中に菌などが侵入していた場合はそれが繁殖してしまうことも。

そしてそのまま使用を続けていると以下のような目のトラブルに。

  • まぶたや目のかゆみ
  • 充血
  • 結膜炎
  • 目元のかぶれ

そしてこのようなトラブルになると土台となる目元が弱くなってしまうためまつげがより一層抜けやすく、まつ毛が弱くなってしまうという悪循環になります。

 

怖い・・・;;

 

こういたトラブルを避けるため、まつ毛美容液の使用期限や寿命は守るようにしましょう!

まつ毛美容液が傷まないようにするためには?

それでは、まつ毛美容液が傷まないようにするためにはどういった点に気を付けるといいのでしょうか?

気を付けるべき点は以下の4点です。

  1. 高温多湿を避ける
  2. 不衛生な使い方をしないように気を付ける
  3. 蓋をしっかり閉める

1つずつ説明していきますね!

ポイントその①高温多湿を避ける

高温多湿の環境でまつ毛美容液を保管してしまうと雑菌がよりたくさん繁殖してしまいます。

スキンケア時に使用するためスキンケア商品と一緒に脱衣所に保管される方も多いですが、脱衣所は高温多湿の代表のような場所!絶対にNGです。

 

また、夏場の車内に放置したり直射日光が当たる場所に保管してしまうこともまつ毛美容液を傷める原因になります。

 

まつ毛美容液の保管場所でおすすめされているのは何と「冷蔵庫」!

冷蔵庫は高温多湿も避けることが出来ますし、室内に常温で保管する場合に比べるとまつ毛美容液の持ちが良くなります。

ですが、急激な温度変化もまつ毛美容液の成分を劣化させてしまう原因になるため冷蔵庫から出して使用したら室内に放置せず、使用後は速やかに冷蔵庫に戻すことをおすすめします。

ポイントその②不衛生な使い方をしないように気を付ける

まつ毛美容液のコームはチップやマスカラタイプなどがありますよね。

そのコームをテーブルなどに放置していくと空気と触れる時間が長くなり、雑菌が増殖しやすくなります

また、コームを落としてしまった場合には容器に戻す前に軽く洗ってから戻すようにしましょう。

 

さらにまぶたやまつ毛の生え際には皮脂汚れが付着しています。そのため、まつ毛美容液を使用する前に洗顔をして清潔な状態で使用することが大切です。

ポイントその③蓋をしっかり閉める

蓋がちゃんと閉まっていないと雑菌の侵入経路になってしまうためまつ毛美容液を痛めてしまう原因になります。

そのため蓋はしっかりと閉めるようにしましょう。

このまつ毛美容液傷んでる?見極める方法!

まつ毛美容液の期限は分かっていても、安価なものばかりではないので捨てるのはもったいなくてついつい使いたくなりますよね。

 

そんなときにそのまつ毛美容液が傷んでいるかどうか、見極めることが出来ればいいですよね。

 

自分でも簡単に見極めることが出来るポイントがいくつかあるのです。

見極めるポイントを3つ紹介していきます。

ポイントその①ニオイ

化粧品も同じで傷んでいると刺激臭鼻にツンとする臭いがしますよね。これはまつ毛美容液が傷み始めているサイン。

もし、刺激臭がしたら使用はやめておきましょう。

ポイントその②中身の分離

古くなった化粧品やまつ毛美容液は水分と油分が分離し、水っぽくなるかまたはドロっとした半固形状の状態になります。

 

まつげ美容液は中身が見えないものが多いため、チップにとった美容液の状態をしっかりと確認しましょう。

ポイントその③色

透明のまつ毛美容液が黄色っぽく変色することがあります。

これは傷んできたサインになるので、使用は中止しましょう。

 

意外と簡単なことで見極めることが出来ますね!

古いまつ毛美容液を持っている方は一度チェックしてみるといいかもしれません。

まつ毛美容液が濁る!?理由は!?

見極めるポイントのところで黄色っぽくなったら、と記載しました。

ところがネットを検索していると「濁る」という意見がチラホラ・・・。

なぜ濁るのでしょう??

 

この濁りはまつげについた基礎化粧品などの油分が原因と言われています。

皆さんまつげ美容液を使用する前に化粧水や乳液などの基礎化粧品を使用される方が多いと思います。

この基礎化粧品の油分がまつ毛美容液を塗る際にコームに付着し、そのままコームを容器に戻してしまうため油分が混入し、まつ毛美容液の濁りに繋がるのです。

 

油分が混入して濁っても品質には問題がないと言われているためそのまま使用を続けてもOKではありますが、何となくイヤ~な感じがしますよね。

 

そんな方は基礎化粧品の油分がまつ毛美容液に混入するのを防げばいいのです!

そのためにはまつ毛美容液を塗布した後に容器に戻す前に油分が付着したコームをティッシュなどで油分を拭き取ってから戻すと良いでしょう。

それ以外の方法としてはまつ毛美容液を塗布する度に毎回新しい綿棒を使用するというものもありますがズボラな筆者には厳しいのでせめてコームを拭いてから容器に戻すようにしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まつ毛美容液は商品によって細かく使用方法や使用期限が分かれているのですね。

 

皆さんが使用されているまつ毛美容液はどうでしょうか?

しっかりと正しい使い方が出来ていますか?

使用期限は守っていますか?

 

この機会に一度チェックしてみるといいかもしれませんね。