みなさん、まつ毛美容液を実際手にしてみて

 

「なんか塗りにくいなぁ・・・・。」

 

と思ったことはありませんか?

 

実はまつ毛美容液には様々なコームの形があるのを知っていましたか?

コームの形によって塗りやすさや塗り方が変わってくるのです。

 

ここではコームのタイプと塗りやすさ、塗り方を解説していきます!

まつ毛美容液のコームの種類は?

まつ毛美容液のコームのタイプは大きく分けて以下の4つあります。

  1. 筆タイプ
  2. マスカラタイプ
  3. チップタイプ
  4. 指で直接塗るタイプ

それでは1つずつ解説していきますね。

①筆タイプ

筆タイプのコーム

筆タイプのまつ毛美容液はアイライナーのように先端が筆になっています。

ノック式、細いもの、太めのもの、コシが強いもの、弱いもの、様々な筆のタイプがありますが一般的には細筆タイプのものが多いようです。

②マスカラタイプ

マスカラタイプのコーム

マスカラタイプは見た目通りマスカラと同じように塗っていきます。

根元から塗るときに筆者は瞬きをしてしまって痛い思いをすることもありますが、このタイプはまつ毛の生え際の皮膚に塗る必要はないため初心者の方には塗りやすいと思います。

③チップタイプ

チップタイプのコーム

チップタイプのまつ毛美容液は、素材はスポンジやシリコンなど様々な素材があります。

角度がついている部分の長さによっても塗りやすさ、塗りにくさは変わってきますが基本的にはまつ毛にも根元の皮膚にも塗りやすく液ダレもないため安心して使用することが出来ます。

④指で直接塗るタイプ

指で塗るタイプのまつげ美容液

4つの中では一番製品としては少ないタイプです、

チューブなどから指先に美容液をとって直接まつ毛に塗るものになります。

まつ毛美容液のコームはどれが塗りやすいの?

「種類があるのはわかったけど、たくさんあって選べない!」

 

そう思う方もおられますよね。

そこで、筆者が実際に4つのコームの塗り方と使用してみて感じたメリットとデメリットをご紹介していきます。

①筆タイプ

筆タイプのコーム

<塗り方>

このタイプのまつ毛美容液は毛そのものに塗るのではなく、まつげの生え際の目元の部分に塗布します。

<メリット>

目頭・目尻といった細かい部分にも塗りやすく、塗りたい場所にピンポイントに塗布することが出来ます。

また、筆タイプは高濃度なものが多くアイライナーのようにラインを引くだけになります。

皮膚に直接塗布するため発毛細胞に届きやすく、効果が出やすいと言われています。

<デメリット>

細筆タイプが多いためコントロールが難しく、アイライナーを引くのが苦手な方は不向きです。

皮膚そのものに塗布するため、肌が弱い方は若干荒れることがあります。

そのため、心配な方は二の腕の内側など皮膚の薄い部分に少し塗り、24~48時間のパッチテストを実施すると良いと思います。

まつ毛そのものに対して塗布はしないので、まつ毛の保護をしたい方には不向きです。

②マスカラタイプ

マスカラタイプのコーム

<塗り方>

マスカラを塗るときと同じようにまつ毛をとくように塗っていきます。

<メリット>

まつ毛をとかすように塗ることで毛先まで美容液をしっかりと塗ることが出来るためすでに傷んだまつ毛をケアしたい、美しく保ちたいという方にはおすすめです。

マスカラのようにさっと塗ることが出来るため短時間で簡単にケアが可能です。

<デメリット>

マスカラタイプはブラシの先端が大きいものが多いため細かい部分や下まつげには塗りにくいです。

また、まぶたの生え際などの皮膚の部分には塗布しにくいため、発毛は促しづらいです。

③チップタイプ

チップタイプのコーム

<塗り方>

チップの先端や角度がついている部分を使って、まつ毛の根元や毛に直接塗っていきます。

<メリット>

チップの先は角度がついているものが多いため、目尻や目頭、根元など細かい部分に塗りやすいと言われています。

基本的にはまつ毛そのものに塗ることも根元に塗ることも簡単に出来るので、初心者の方にも塗りやすくなっています。

<デメリット>

中には角度がつきすぎていたり角度が付いている部分が長すぎたりして塗りにくいものもあります。

また、メイク落としが不十分であるとチップにメイクの残りが付着して衛生的に良くないというデメリットもあるようです。

④チューブタイプ

指で塗るタイプのまつげ美容液

<塗り方>

指で直接まつげ美容液をとり、まつ毛とまぶたに塗っていきます。

<メリット>

自分の指で塗っていくためまつげの先端や根元などにもムラなく塗りやすいと言われています。

同時にまぶたのマッサージ行うことでまぶたのケアにもなります。

また、必要な量を指でとって塗布するためコームが汚れずに済み、衛生的です。

<デメリット>

まつ毛の先端は比較的簡単に塗布することができますが、まつ毛の根元など細かい部分は指を使う分、慣れるまでは少し塗りにくいです。

また、調べてみるとこれも慣れではありますが一度に塗布する量がわからない内は出しすぎてしまうことも多いようです。

おすすめのまつ毛美容液のコームは?

話題のまつ毛美容液を購入してすべて使用した筆者がおすすめのコームはやっぱりチップタイプです!

 

特にエリザクイーンリバイブラッシュのようなチップが小さめのものは目頭や目尻などの細かいところにも塗りやすく、まつ毛の根元から先端までしっかりと塗布することが出来ます。

 

リバイブラッシュの公式サイトはコチラ!↓

エリザクイーンって効果あるの?レビューが見たい方はコチラ!

>>【動画レビュー】まつげ美容液のエリザクイーン使ってみた!

リバイブラッシュって効果あるの?レビューが見たい方はコチラ!

>>【動画レビュー】リバイブラッシュを実際に使ってみた!

次におすすめなのは細筆タイプ

エマーキットのように柔らかい細筆タイプはまつ毛の生え際にも塗りやすく、液が付きすぎないように製作工程で工夫してあるため液ダレなどで目に入ることもありません!

エマーキットって効果あるの?レビューが見たい方はコチラ!

>>【動画レビュー】エマーキットを実際に使ってみた!

この他にもネットで有名な製品について動画付きで分かりやすくレビューしているためぜひ参考にしてみてください!

まとめ

いかがでしたか?

いろいろなコームのタイプがあり、購入するときに迷ってしまいますよね。

 

使いやすさは継続して塗布を続けるためには重要不可欠!

 

しっかりと吟味して、自分に合ったものを探してみてください。