皆さんまつ毛美容液を調べていると「薬事法」とヒットすることがありませんか?

筆者が使用し始めたときも「まつ毛美容液は医薬品になるので薬事法に引っかかる」という噂がありました。

 

この噂が本当なのか嘘なのか、そしてなぜこんな噂が出たのか、解説していきます!

まつ毛美容液は医薬部外品?医薬品?

まず初めに、私たちが毎日直接肌につけている全ての日用品などは目的や成分によって薬機法(旧薬事法)によって規制されています。

そしてこの薬機法によって以下の3つに分類されます。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

1つずつ説明していきますね。

①医薬品

この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。

一  日本薬局方に収められている物

二  人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)

三  人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 から引用

 

医薬品は病気の治療や予防を目的として使用される製品のことを言います。これは成分の有効性を厚生労働省により認定を受け、効果が保証されたもののみになります。

 

効果が厚生労働省から認定されているものですから、広告表現ははっきりと効果を記載することが出来ます。成分表示は全成分表示が義務付けられています。

 

医薬品には医師の処方箋が必要な医療用医薬品と薬局やドラッグストアで購入が出来る一般用医薬品(OTC医薬品)の2つに分かれます。

②医薬部外品

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。

一  次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの

 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

 あせも、ただれ等の防止

 脱毛の防止、育毛又は除毛

二  人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの

三  前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 から引用

 

医薬部外品とは、病気の予防のみを目的として使用される製品のことを言います。この医薬部外品にも医薬品と同じように厚生労働省の認可を受けた有効成分が配合されています。

 

・・・・が、この医薬部外品に含まれている成分は効果の認証されていません。そのため病気の治療効果は医学的には証明されていません。

 

成分表示は義務付けられてはいませんが、人によってアレルギーが出る可能性がある指定成分は表示する義務があります。

③化粧品

この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 から引用

 

化粧品は身体や容姿を清潔にし、美しく健康にすることが目的に使用される製品です。厚生労働省の承認や許可は必要がないため、効能や効果など有効成分は医学的に実証されていません

 

化粧品の場合は全成分表示が義務で、配合量の多い順に記載することが義務付けられています。

効果が証明されているわけではないので劇的な効果をうたうのは禁止されていますし、記載できる効能も制限されています。

ちなみにこの分類で見ると、成分の作用の強さは医薬品→医薬部外品→化粧品となります。

まつ毛美容液は何に分類されるの?

まつ毛美容液のルミガンやグラッシュビスタなどは医薬成分である「ビマトプロスト」が含まれているため、まつ毛の美容成分も配合されているまつ毛育毛剤となります。

 

ビマトプロストはもともと緑内障治療薬として製造されいるためルミガンやグラッシュビスタなどは医薬品に分類されます。

そのためビマトプロストが含まれたまつ毛美容液および育毛剤は薬局等では購入することが出来ないため医師の処方を受けるか海外の通販サイトで購入する必要があります。

 

一方まつ毛美容液は医薬成分は含まれていないため「化粧品」の分類になります。そのため、インターネットでも市販でも購入することが出来るのです。

まつ毛美容液の成分について知りたい!そういった方はコチラ!

>>まつ毛美容液はどんな成分が含まれているの?選ぶときの注意点!

ビマトプロストはどんなまつ毛美容液、まつ毛育毛剤に含まれているの?

上で説明したようにビマトプロストは現在医薬品に位置するため、市販で購入することは出来ません。

 

ではどういった製品に含まれているのでしょうか?

 

ビマトプロストが含まれているまつ毛育毛剤(美容液)は現在国内では処方箋がないと手に入れることが出来ません。

しかし、海外では日本ほど規制が厳しくないため、ビマトプロストが含まれているまつ毛美容液が販売されています。

 

中でも上にあげたルミガンは、ビマトプロストが0.03%含まれています。

この数値はとても多い数値ではないため、数回の使用で特別大きな副作用が出るとも言い切れませんが、リスクとしては高いですよね。

 

だけどまつ毛を早く伸ばしたい!!

そういった方はビマトプロストが含まれた製品を長く使用し続けるのではなく、初めに効果の高いまつ毛育毛剤を使用した後、化粧品分類のまつ毛美容液に切り替えるなどの使い方がオススメです。

海外のまつ毛美容液についてもっと知りたい方はこちら!!

>>まつ毛美容液 海外やアメリカ(ハワイ)で超効くと噂の商品はコレ!

まつ毛美容液の副作用についてもっと知りたい方はこちら!!

>>まつ毛美容液には副作用があって危険?色素沈着するの?

まとめ

まつ毛美容液は薬機法にひっかかるという噂。

この噂については半分嘘で半分本当といったところでしょうか。

嘘ではないですが製品によっては薬機法が関係する製品もあるということですね。

 

医薬品に当たるまつ毛美容液(育毛剤)は高い効果が保証されている反面、副作用が付いてくるというハイリスクハイリターンになります。

 

使用するときには注意して使用しましょう。